潜るんデス!!
大瀬崎を中心とした潜水写真と感想なんかをカキカキ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水中宙玉レンズができるまで
水中でも宙玉レンズを使いたくて試行錯誤中
IMAG0487_20130523213512.jpg

水中宙玉レンズ1号
100均で売ってるPET材の透明な円筒容器を2重にしてフォーカスできるようにしてみた
【×】アクリルと海水だと屈折率の差が少ない?からかボンヤリ
⇒空気層が必要

水中宙玉レンズ2号
水道管継手TS75-50使って製作
前側(被写体側)はガラスシャーレ(t2mm)
後側(カメラ側)は樹脂シャーレ(t1.5mm)
【×】空気層作ったけどテキトーに作ったもんだからゴミ多数混入
⇒密閉するからゴミ注意

水中宙玉レンズ3号
材料は2号と同じでゴミに注意して空気層作った
希薄した中性洗剤であらうと静電気防止になるみたい
【×】浮力が凄い
  ⇒空気層は小さくorおもり

水中宙玉レンズ4号
水道管継手をTS65-50にして空気層を小さくした
【×】水深15mで後側(樹脂)側破損、まだ浮力が大きい
⇒要耐水圧、おもり

水中宙玉レンズ5号
水道管継手TS65-50
前側ガラスシャーレ(t2)
後側アクリル樹脂(t5)
空気層内に鉛の薄板プレート(70g)
↑車用品とかに売ってる共振防止用だと両面テープ貼ってあるから便利
【×】水深30mでガラス側破損
⇒要耐水圧

水中玉宙レンズ6号
水道管継手TS65-50
前後ともアクリル樹脂(t5)
鉛プレート約70g


●水中宙玉レンズの作り方●
<材料>
アクリル円板 Φ70×t5mm
アクリル円板 Φ80×t5mm
アクリル球 Φ20
↑ばさい屋(http://www.hazaiya.co.jp/index.html)
水道管/TS継手 TS65-50
IMAG0544.jpg
水道管/給水栓ソケット
IMAG0543.jpg
 黒スプレー
↑ホームセンター
鉛の薄板(両面テープ付き)

↑ホームセンターか自動車用品店
樹脂シャーレ Φ60(アクリル球固定用)
↑アマゾン
エポキシ接着剤

↑ダイソーでも売ってる
 ステップアップリング 67-72
 ステップダウンリング 82-77

<工具>
 テーパーリーマ(No3/5-22mm用)
 ドリル刃(Φ2、Φ3、Φ6)
  ↑ホームセンター
 エアブロー
  ↑カメラメンテ用品
 ノコギリ
 エッジ削り(金尺でも可)
 ライター
 はさみ
 油性ペン

<作り方>
1)水道管継手の刻印を板ヤスリで削る
↑見た目が気にならなければ不要
IMAG0546.jpg

2)水道管継手を紙ヤスリ(#150)で内も外も荒らす
↑塗装するのと接着性を上げるため
円に沿って削ると塗装したときアルミっぽい仕上がりになる
IMAG0547.jpg

3)水道管継手とアクリル円板(2枚)は希薄した中性洗剤で丸洗いして乾かす
↑静電気防止

4)水道管継手の65側にエポキシ(2液)接着剤を塗布しΦ70×5mmの円板を中心になるように置く
↑円板を少し(1/4)回転させると空気が抜け接着強度が増す
IMAG0550.jpg

5)樹脂シャーレの中心にマーキングしライターで熱したアイスピックや小径のドリル刃で溶かして穴を開ける。側面にも圧逃がしの穴を開けること
↑ここを密閉すると空気層内の圧力差で樹脂シャーレが割れてしまう
IMAG0560.jpg

6)ドリル刃を手持でグリグリし穴を広げる
↑ヒビが入るのでゆっくり
↑少しずつドリル刃の径を大きくする
IMAG0561.jpg

7)Φ5くらいになったらテーパーリーマを使いΦ15くらいまで穴を広げる
↑ヒビが入るのでゆっくり
↑途中で削りカスをエアブローでとばす(キズ防止のため)
IMAG0562.jpg
IMAG0563_20130523220221.jpg

8)テーパーリーマに紙ヤスリを巻いてグリグリ
↑多角形が円になるのだ
IMAG0564.jpg
IMAG0565.jpg

9)バリ取りと面取り

↑バリ取りなければ金尺とか
↑アクリル球側は面取り

10)希薄した中性洗剤で丸洗いし乾かす

11)水道管継手とΦ70円板の接着剤がかたまった所で
  水道管継手内側と円板の隙間をエポキシ接着剤で埋める

↑密閉と接着強化
↑気泡はつま楊枝でつぶす

12)穴が開いた樹脂シャーレのアクリル球接着面(面取りしたとこ)に
  セメダイン/スーパーX(透明)をつま楊枝で薄く塗る

↑アクリル接着剤だとやり直し出来ないしたれる
↑スーパーXならリワーク可能!

13)2~3分放置してゼリー状になってからアクリル球を置き放置

↑やり直しや糸引いちゃったらエタノールで清掃

14)水道管継手とアクリル円板の接着剤が固まった所で
  ひっくり返して水道管継手とアクリル円板の継ぎ目をエポキシ接着剤で盛る
↑固まる前に重力で下がるのを計算して盛る!
↑固まるまでひっくり返したまま動かさない

15)アクリル円板Φ80にアクリル球付きの樹脂シャーレをエポキシ接着剤で接着する
IMAG0625_20130601164428.jpg
↑アクリル球が中央になるように

16)鉛の薄板を70g(110×25mmのサイズで4枚)にカット

  ↑幅は水道管継手の内側に貼れる幅以下(ハサミで切れる)

17) 水道管継手の内側に貼りつける

  ↑1周を2枚×2周

18)水道管継手の前後穴をガムテープで塞ぐ。はみ出したガムテープはハサミでカット
IMAG0622.jpg
↑隙間なきこと

19)水道管継手を塗装し乾かす
IMAG0623.jpg
↑オイラの好みはツヤ消しブラック

20)水道管継手の前側にアクリル球付きのアクリル円板Φ80をアクリル球が内側になるようにし
  エポキシ接着剤で接着
IMAG0625.jpg
↑あらかじめ双方に接着剤を付けておく
↑重力で垂れるのでアクリル円板が下になるように置く

21)水道管継手とアクリル円板の外側をエポキシ接着剤で補強
IMAG0619.jpg
 ↑今回は内側にシーリング材を入れ空気層を少しでも小さくしてみた

22) 水道管継手のアクリル円板にステップダウンリング 82-77をエポキシ接着剤で固定/補強
IMAG0620.jpg
 ↑普通はいらないんだけど。。。キャップつけたいので

23) 給水栓ソケットで取付アダプタを作ります
  まずはヤスリでキズつけて黒スプレーで塗装
IMAG0627.jpg

24) 給水栓ソケットにステップアップリング 67-72をエポキシ接着材で固定/補強
IMAG0628.jpg
 ↑ハウジングにM67ポートがあるので67mmに変換

25) 水抜きの穴を空け、お風呂で取付アダプタの長さを調整
IMAG0630.jpg
 ↑塩ビ用とかのノコギリで簡単に切れる

26) 水道管継手と給水栓ソケットを繋ぐと完成!!
IMAG0632.jpg
IMAG0631.jpg

27) カメラにセットしてみた
IMAG0634.jpg
IMAG0636.jpg

さて明日は耐圧チェックだ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。